逆流性食道炎について

命にかかわるような病気ではありませんが、不快な症状が続くと食事が楽しめなくなり、生活の質そのものが低下する原因にもなります。まずは症状と原因を知ることが大切です。

 

逆流性食道炎の原因と症状

「食後に胸やけがすることが多い」、「夜遅い時間帯に飲食した」、「起床した際に胸のあたりがもたれる」場合は、逆流性食道炎を発症している可能性があります。

逆流性食道炎は「胃食道逆流症」と呼ぶ疾患の分類の一つです。

胃と食道の間に位置する「下部食道括約筋」と呼ばれる筋肉の機能が低下し、食道の壁が胃酸によりただれることで食道炎を引き起こします。

最近は食生活の変化により、発症する人が多くなっているようです。

 

逆流性食道炎は当院にお任せください

普段の食生活が原因で発症することもありますので、気になる症状がある場合は、日頃の食生活を見直すことをおすすめします。

のりさだ整骨院では、身体の痛みはもちろん心身ともに元気になっていただけるよう、施術からアフターケアまで徹底的にサポートいたします。

胸やけ、胸のあたりがもたれるなど不快な症状が続く場合は、ご相談ください。

 

のりさだ整骨院 井堀院のお問い合わせはこちら!

北九州市小倉北区 のりさだ整骨院 井堀院

〒803-0835
福岡県北九州市小倉北区井堀3丁目1-38

ご注意
電話予約

WEB予約
診療時間
午前 8:30 – 12:30 ×
午後 14:30 – 20:30 ×

※土曜日午後(▲)は14:00 – 19:00の診療となります。

※祝際日午前(●)は8:30 – 12:30の診療となります。

診療時間

午前  8:30 – 12:30
午後 14:30 – 20:30

休診日

日曜日

※土曜日午後は14:00 – 19:00の診療となります。

※祝際日午前は8:30 – 12:30の診療となります。

Google Map

Google Map

のりさだ整骨院 店舗一覧はこちら

店舗一覧
のりさだ整骨院
井堀院
ご予約・お問い合わせ
  • 初回予約
  • 再診予約